様々なメリットがあるO脚矯正

O脚矯正すると姿勢が良くなります

O脚矯正は意識することが大事です

立ち方や歩き方などが原因になります

O脚の原因にはいくつかあり、先天的なO脚と言われる人はほとんどおらず、生まれてからの立ち方や歩き方などがあげられます。自己流で脚を使って歩いたり立って来たことがある人がほとんどで、正しい重心のかけ方や筋肉の細かな使い方を把握せずに毎日を過ごしているものです。自己流で脚を使っていると、形状は年を重ねるにつれ生まれた時と比較すると変化していきます。原因として習慣付けられた姿勢や、毎日取り組んでいる運動やスポーツからの影響もあるでしょう。そのような影響において形が作られていくので、意識して動かないと脚の変化は避けられないものです。脚の変化はほとんどの人に現れる症状ですが、中には酷くなる人もいるのでケアしたり治療するケースもあります。脚の形や向きなどは外見に関わることはもちろん、健康状態にも関係しているので注意が必要です。脚に関する問題で日本人に多い悩みはO脚です。O脚は文字通り脚の形がOに見えることから命名されたものになります。

O脚は日本人の内90%に見られる症状で、その程度には差がありますが真っすぐ伸びている足の人は非常に少ないです。足の踵とつま先をきちんと合わせて直立してみて、両足の内側にあるくるぶしを合わせ左右の膝の内側が接することがない状態を言います。左右の足を密着するのに膝の頭が外に開いていたり、腰から足にかけOの字のような形状になっている状態です。軽度のO脚なら特に意識する必要もありませんが、酷い状態だと治し方を知りたかったり矯正したい考える人も多くいます。O脚を気にして治し方に関して知ろうとする人も多く、O脚矯正を受ける場合本人の意識に左右されることが多いでしょう。酷い場合は骨格や骨盤などが歪んでしまったり、筋肉が歪んでいる場合もあります。大人になってからでも元の正しい状態に戻すことができ、美脚に作り変えるは可能です。軽度のものならエクササイズや普段の意識から形状を変えることができ、酷い場合は美容クリニックなどにおいてO脚矯正を受けることができます。

あぐらをかかず椅子に座る習慣をつけましょう

O脚矯正にはいろいろなメリットがあり、例えば脚のラインがきれいに見えたり、姿勢が良くなるでしょう。重かった脚が軽くなり、体型が整うことから体調も良くなります。生理痛が軽くなったり、腰痛や足首痛などを改善することが可能です。冷え症やむくみを改善することができるので、特に女性にはおすすめの施術になります。例えばO脚で骨盤後傾の人は常に骨盤が後側に傾いているので、股関節を外に外旋しよう力が加わっていることになります。筋肉で言うと骨盤の後ろにある仙骨と大腿骨を繋ぐ梨状筋や、尻の横にある中殿筋の後ろが凝っていることが多いでしょう。これらは尻の外にある筋肉群で、横広がりに広がってしまいます。これらの梨状筋や中殿筋などが凝った状態にあると、O脚を治そうとしてもなかなか難しいでしょう。まず硬直した筋肉をほぐしていきながら、脚のバランスを整えていくことが可能です。O脚矯正を受けた後の自己管理も大切で、普段から背すじを伸ばし椅子に座ったり、尻を椅子の座面にくっつけるよう意識するのが大事です。O脚の人はあぐらをかくような座り方はできますが、いわゆるぺたんこ座りはうまくできないことが多いです。あぐらをかいていては脚に悪く、外にずれるよう後押しすることになります。あぐらはなるべくやめておき、きちんと椅子に座ることが大切です。エクササイズするのも良く、丸めたバスタオルを使って膝の力で絞りこむ運動はおすすめです。外に向いている膝を内に締めていくことを意識すると、内転や内旋筋群も鍛えることができます。運動すると脚のラインが整い、横広がりになっていたお尻のラインを引き締めることが可能です。

人気記事ランキング